死後事務


独身の方や、一人暮らしの方などが抱えている問題の1つに「私に万が一のことが起こったらどうなるのだろう…」といったものがあります。

「死後発見が遅れたらどうなるのだろう」
「死後の手続きは誰が行ってくれるのだろうか…」

不安はつきません。

対策としては、「私に万一のことがあったら、こうしね」といった契約を生前にしておく方法があります。自分のご希望があれば、それを一つ一つ形にしていきます。健康に不安があれば、定期的に連絡をいれてもらって確認してもらうことも出来ますし、認知症になった場合の対策をしておくこともできます。あまり知られていませんが、納骨や散骨、遺品の整理の依頼もすることも可能です。

お金がものすごくかかるのでは、と心配される方がいますが、契約自体はそれほど大きな金額はかかりません。もしも、認知症にもならず健康でいられたら、契約内容は発動しませんので費用は発生しないことになります。

こういった契約は、皆様が心配される万が一の場合の対策です。保険のようなものだと考えて頂ければと思います。

どこに依頼していいのか迷われるかもしれません。依頼する事務所が、死後の事務まで全般をカバーしてくれることは前提条件ですし、依頼する人が信頼できるかどうかは、さらに重要な点となります。会っていきなり依頼するのではなく、何度となく相談に行かれてから、選ばれることをお勧めします。