書籍販売 「生きることに意味はあるのでしょうか?」「神様っているのでしょうか?」


遺言や相続の実務をしていると、避けて通れないのが「死」や「宗教」といったものです。この冊子は、私がどのように「死」や「宗教」に向き合っているのかを、まとめたものです。

成年後見や死後事務などは、自分の人生の一部を誰かに預けるものですから、誰でもいいという訳にはいきません。相手の人となりをしっかりと見極める必要もありますし、死生観や宗教観も自分に近い方の方が安心できると思います。

もし、成年後見や死後事務などをご検討されているのであれば、参考にしてみてください。

「生きることに意味はあるのでしょうか?」 「神様っているのでしょうか?」

「生きることに意味はあるのでしょうか?」「神様っているのでしょうか?」

- 内容 -

はじめに
生きることに、意味はない
恋することは、生きること
全能の神は、いない
餓鬼道
一瞬で幸せになる方法
地獄道
畜生道
人間道
悩み苦しむ理由
解脱
憎しみや怒り、悲しみから、開放される生き方
信じることは、救われること
私たち自身に、答えを見出す
あなたは、どう生きるのですか?
おわりに

製本サイズ B6
ページ数 40ページ
販売価格 450円